スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【芸能】ローラの父親再逮捕、釈放後の「オッケー!パパ、もう大丈夫だから!」が逆鱗に

1:2014/10/30(木) 14:27:41.48 ID:
バラエティなどテレビ番組でひっぱりだこのタレント、ローラ(24)の父親で職業不詳のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(54)が、
警視庁にまたも詐欺容疑で逮捕された。騙し取ったとされるのは、海外で治療を受けた際に国が補助する「海外療養費」。

ジュリップ容疑者は7月にも同様の容疑で逮捕され、8月には釈放されていたのだが……。

 警視庁担当記者が説明する。

「7月の逮捕は知人が海外療養費を騙し取った事件の“指南役”としてでしたが、今回は、ジュリップ自身が“実行犯”の構図。
本人は否認していますが、母国バングラデシュでデング熱を患って入院したと偽り、多摩市役所から海外療養費約99万円を騙しとったというものです。
前回は証拠不十分だったため、釈放で幕引きもありえた。警視庁では異例の再逮捕として話題になっています」

 異例の再逮捕の理由は、まさにその釈放にあったという。8月、釈放されたジュリップ容疑者は、警察署の前でカメラを構える報道陣に向かい、
おもむろに右手の親指と人差し指で丸を作って他の指を開き、右頬に寄せるローラの「オッケー」ポーズを再現。

あろうことか「オッケー!  パパ、もう大丈夫だから!」と宣(のたま)ったのだ。

この模様は全国ネットで中継され、ワイドショーなどでも繰り返し流された。それを観ていたのは、一般視聴者だけではなかった。

「捜査員も、あの映像は目に焼き付いている。何が『オッケー』だ。あの一言が警察を本気にさせた。警察をなめてはいけない。
あの瞬間から、絶対立件してやる、という意識を皆が強めたのは間違いない」(捜査関係者)

 バングラデシュ警察当局とも連携し、綿密な裏付け捜査が行われた。

「外交ルートを通じた協力の結果、申請書に使われた病院のハンコも医師の署名も偽造で、入院の事実もないことが確認されました。
知人らの話で、ジュリップ容疑者が『不良バングラデシュ人のボス』と呼ばれていたことや、詐取したカネの取り分の支払いをめぐり、仲間を『殺すぞ!』
と脅していた“裏の顔”も判明しました」(前出・記者)

 娘のローラは「父の事は私が責任を持って弁償させて頂きたい」とするコメントを発表。父親も「わかんなーい」では済まされないだろう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141029-00004502-sbunshun-soci

続きを読む »

スポンサーサイト

2014/10/30 15:55 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。